首イボといってもその種類は一つだけでなく、いくつかあります。
それでは、ウイルス性のイボとそうでないイボにはどのような種類があるのでしょうか。
それぞれの特徴や治療法について詳しくご説明していきます。

イボって何?

知らない間に首イボができていた!という時もありますよね。
そんな時、放置しているとどんどん首イボは広い範囲に広がってきてしまいます。
さらに年齢と共に数も増してしまうでしょう。
はじめは小さなサイズのイボであっても、少しずつ大きくなって目立ってしまいます。
主なイボは、加齢によってお肌の角質層が固まったものです。
イボは「脂漏性角化症」という正式名称があり、胸や首、脇などにできてしまう良性の腫瘍です。
良性なので、手術してすぐに取り除かなくても平気ですが、もしも見た目を気にされるのであれば、除去した方がいいでしょう。

脂漏性角化症の症状って?

脂漏性角化症の原因をはっきり突き止めて、治療法をまとめてみましょう。
ただの小さなイボだったのが肥大化してきたものを、「スキンタッグ」と呼ぶことがあります。
一般的に若い人にできる事はあまりなく、主に中高年になってからでき始めてきます。
アクセサリーや衣類の刺激によって、ますます大きくなってくることもあるでしょう。

これだけは知っておきたいイボの種類

一番要注意なのがウイルス性の首イボです。
一番注意しておきたい種類でもあります。
イボの原因ともなるウイルスは種類も本当に多いです。
首にできてしまうものは特に「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」と呼ばれています。
これは足の裏にできる魚の目と同じ仲間と言えるでしょう。

ウイルス性のイボは治療した方がいい?

イボの中でも治療が必要になってくるのが、 ウイルス性のタイプです。
皮膚科などでは液体窒素で行う冷凍凝固や電気治療で行う熱焼却によって、取り除いていきます。

首のイボを液体窒素で治療する時

美容的な目的ではなく治療目的の場合には健康保険が適用されるので、気になる場合にはまず病院で相談してみるのもいいでしょう。
治療した後は、お肌が色素沈着を起こしてばらく跡が残ってしまう事がありますが、この場合は自然治癒を待たず、ハイドロキノンなどの美白有効成分を使って、シミ部分を薄くするという対処も行われています。
首のイボ自体は目立つものですが、治療法によっては濃いシミになりやすいです。
ガスレーザーなどで傷跡がほとんど残らない治療法でもあります。

イボはウイルス性のものをはじめ、様々な種類がありますが、効果的な対処をしていくには早期発見に努めることが大切です。
老人性首イボの場合も、はじめは小さく目立ちませんが、そのまま放置すると、刺激によって少しずつ大きくなってしまうでしょう。
首にイボができてしまうのは、お肌の働きが鈍くなっているサインでもあります。
そこで、普段からできる事が首イボの予防対策となるのです。
首イボ専用のクリームも市販されているので、お肌の代謝を活性化するためにも、日々の角質ケアを行っていきましょう。

首にできるイボで痛みを伴う時や、他のイボとは違う場合には、すぐに医療機関で相談するようにしましょう。