首イボが今はできていなくても、これからできてしまう事も十分考えられます。
特に首は中高年になってくるとイボが増えやすいスポットです。
今は若くて平気でも、先々のことを考えると、今から予防法を実践しておくと安心でしょう。
それでは、首イボができないようにするには、普段からどのような予防法をはっておけばいいのでしょうか。
まとめてみます。

首を刺激しないこと

首イボの予防法として気を付けなければいけないのは、首に刺激を与えないことです。
首周りを刺激しないように、ネックレス(金属類)などをつけないようにするのも、予防法の一つです。

皮膚に摩擦が加わると、それだけでイボができやすくなってしまいます。
これは首だけに言えることではなく、その他の肌の部分もそうです。例えば下着も締め付け具合が強いと、それだけイボができやすくなってしまうでしょう。

紫外線対策を万全に行う

紫外線対策をしていきましょう。
日焼け止めは顔だけでなく、デコルテや首にもしっかり塗っておくといいでしょう。
日傘や帽子で紫外線をガードするのは、もはや基本中の基本です。

スキンケアを継続する

首イボの予防法として、スキンケアも大切なことです。
今はたとえイボができていなくても、スキンケアを続けることによって、首イボが除去されてくるでしょう。スキンケアで保湿を怠らないようにするといいでしょう。
ドライスキンであれば、紫外線の刺激を退けようとするバリア機能が衰えてしまいます。
そのため、保湿は十分に行うようにしましょう。
また、メラニンの生成を防ぐ美白化粧水を使って、シミの発生も予防していきたいものですね。

生活習慣を見直す

首のイボを発生・再発させないようにするためにも、代謝を高めていくといいでしょう。
適度な運動とバランスのいい食事に努め、規則正しい生活を行うようにしましょう。
ビタミンEやビタミンCなどをたっぷり取り入れるようにするのもいいでしょう。
もしも食事だけでは補えないのであれば、サプリメントを活用するのもおすすめです。
忙しくて毎日食生活に構っていられないという方は、サプリメントであれば栄養補給がしっかりしていけるはずです。

ハトムギ(ヨクイニン)を取り入れる

首イボに関わらず、イボ全般にはヨクイニンが効果的だと言われています。
そのため、ハトムギ化粧水を使用し、ヨクイニン錠を飲むのもいいでしょう。
アクアビューティーの「艶つや習慣」を使ってケアしている人もいます。

イボの予防法として使っていたアイテムで評判のいいものがあれば、試してみるのも
いいでしょう。

ちなみに評判のいい「艶つや習慣」のオレンジジェル中には、ハトムギ(ヨクイニン)エキスや、杏エキスがしっかり配合されています。

終わりに…

いかがでしたか。
首イボの予防法としてはいくつかあるので、自分が続けられるものを無理なく実行してみてください。
いつでも美しい首元でいるためにも、是非上記のことを実践してみてくださいね!